2010年11月11日

ストーンリバー / 石流漱石

年齢:24歳
身長:176cm
体重:63kg
誕生日:11月4日
血液型:B型
好きなもの:強い存在
嫌いなもの:信念無き存在
英字綴り:Stone River / Souseki Ishinagare
(プロフィールデータはオフィシャルファンブックより引用)

ストーンリバー(石流漱石)は「怪盗帝国」メンバー。日本刀を操る。トランプのモチーフはスペードの服の模様。(怪盗帝国の面々は各自トランプのモチーフをつけています)

ホームズ探偵学院では「石流 漱石いしながれ そうせき)」として用務員とコックを務めている。クールな外見に似合わずかいがいしく働いている姿は「執事萌え」にも受けが良さそう。
第6話でエリーが「35歳くらい…?」と言ったときに怒っていることから、それよりは若いのではと思われます。(追記:上にもある通りオフィシャルファンブックによると24歳ですね。年齢の割におっさんくさいですけど)

挨拶はきちんとするものの、落ちぶれたシャロたちには厳しい。第2話ではコーデリアにパン泥棒の嫌疑をかけたものの、疑いが晴れたらきっちり謝罪しています。基本いい人です。たぶん。

--
追記:11話でストーンリバーのトイズは「人形化」で確定。3話での超ヨコハマ美術館で固まっていた警官たちや、8話で「人形になれ!」という台詞を言っていましたが、そういうことだったんですねー。
--

(CV:寺島拓篤)


第2幕でのストーンリバー(石流漱石)

ストーンリバーというか石流さんは、「反省会」やら「生徒たちが朝食を待っている」発言やら、第2幕で「生真面目」キャラが強調されたのが印象的。また、探偵学院の職員として生徒たちにも人気が高い様子。

ミルキィホームズたちのダメダメさが強調された第2幕において、「アニメミルキィの良心」とも言える存在に。私にとってもミルキィホームズキャラで「嫁」と断言できる存在は石流さんですw

そんなストーンリバーですが、なぜかエリーに対してはアレです。

2幕5話で「変質者を演じてみせるエリー」を目撃してから、エリーのことを「変質者」と思い込んでいます。思い込んではいるのですが、「野菊のような変態」(2幕5話予告)、「川辺に咲くスミレの花の蕾のよう」「リンドウのごとく、人知れず卑猥に咲くサキュバスめ!」(バラエティブックCDドラマ)など、蔑んでるようでどう聞いても褒めていますw

シャロとアルセーヌ以外の怪盗帝国とミルキィホームズの個人的な関係がはっきりしてきたのも第2幕の面白いところですねー。


元ネタ:石川五右衛門

有名な大泥棒、石川五右衛門。豊臣秀吉との因縁も深い。
釜ゆでにして殺されたことから、五右衛門風呂の由来になっています。

架空の人物と思われていましたが、現在では実在の人物だと確定されています。
江戸時代に歌舞伎や本で悪役的ヒーローとして人気者に。その人気は今に伝えられます。ストーンリバーの顔のメイクは歌舞伎のモチーフでしょうか?

日本刀が武器なことから、どちらかというと「ルパン3世」のほうの石川五右衛門の影響も大きいのかも。

漱石」は、口語文学の祖である明治の文豪「夏目漱石」から。

posted by magurow at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャラクター別 元ネタ解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。