2010年11月13日

銭形次子

年齢:19歳
身長:170cm
体重:55kg
誕生日:9月2日
血液型:O型
好きなもの:辛い食べ物
嫌いなもの:片付け
英字綴り:Tsugiko Zenigata
(プロフィールデータはオフィシャルファンブックより引用)

銭形次子はヨコハマ警察署の対怪盗内部組織「Genius4(G4)」のメンバー。名前の読みは「ぜにがた つぎこ
小銭(寛永通宝?)型のネックレスをつけている(元ネタの銭形平次関連)。
江戸っ子っぽいちゃきちゃきした性格。ショートカットで比較的身長が高く、運転と射撃が得意。頼もしい系のお姉さん。

小衣ちゃんが公の場で調子に乗って失言したときにうしろからツッこむ係。

G4の中では容姿・性格とも一番警官らしいキャラだと思います。だからがんばれ。超がんばれ。

(CV:沢城みゆき)


第2幕での銭形次子

次子はG4で最年長であるためか、特に小衣ちゃんに対して「お姉さん」というか「お母さん」のような立場にいる印象が強かったですね。第2幕でもそれは変わりありません。

1期で影が薄かったG4たちは、第2幕(とPSP版1.5)で活躍の場を増やしてもらっています。次子も、常にピストルを持ち歩き「銃器関係が得意」なことを強調していますし、「運転や操縦が得意」なことも、クルマの運転やヘリの操縦をするシーンでいかんなく発揮しています。

また、死に設定と思われていた「部屋が和風趣味」「猫が好きでたくさん飼っている」といったキャラ属性が、2幕9話冒頭でしっかりフォローされていました。ラフでボーイッシュな私服も次子さんらしかったですね。

第2幕6話では、シャロたちにのせられて魔法少女コスプレをしてしまうあたり、実はノリがいい性格なのかも。銭形警部似のおばさんの鈴カステラ屋さんの手伝いをしたり、いろいろとかわいい次子さんを見られたのは、第2幕さまさまです。


元ネタ:銭形 平次

野村胡堂の「銭形平次捕物控」の主人公。
どちらかというと、長々続いた時代劇テレビドラマ「銭形平次」の印象が強いです。(「テレビドラマの主役」はG4の部下3人の元ネタキャラ全てに通じます)

江戸時代の岡っ引きという設定で、架空の人物。
十手を掲げながら、小銭(テレビでは寛永通宝)を投げて捕り物をするという独特のスタイルです。

有名なキャラのためパロディネタにされることも多く、江戸時代をモチーフにしたアニメや漫画によく登場します。

おまけ声優ネタ

次子の声を演じてらっしゃる沢城みゆきさんは、アニメ「デ・ジ・キャラット」のぷちこ(プチ・キャラット)役でデビューし、「ギャラクシーエンジェル」ではミント・ブラマンシュ役でした。
「探偵オペラ ミルキィホームズ」企画をした木谷高明氏がオーディションで掘り出した声優さんでもあります。そんなわけでどちらの作品も「ミルキィホームズ」にもともと大変因縁のある作品なんです。

posted by magurow at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャラクター別 元ネタ解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。