2013年07月22日

ふたりはミルキィホームズ第2話「『なる』ということ」

ふたりはミルキィホームズ 第2話 ネタ解説

石流さん、根津くん、二十里先生
第1話のG3同様台詞なしのカメオ出演。アニメ版設定のスリーカードが存在するということは、「ふたりは〜」はアニメシリーズの設定も踏まえているっぽいです。 

ミルキィホームズ事務所
ゲーム版っぽいデザイン。ということは、「ふたりは〜」はゲームとアニメのハイブリッド設定ということでしょうか。

シャーロックホームズの銅像の絵
シャロのうしろ、暖炉の右上に飾ってある絵なんですが、アニメ版の校舎とホームズ像です。アニメシリーズでよく見たカットそのままの絵柄です。

「私たちライセンスもないですし…」
ミルキィホームズ世界の「探偵」という存在の基本設定、「トイズ」と「ディテクティブ・ライセンス」ですね。小林オペラ配下のミルキィたちは仮ライセンス扱いでした。

「関係ありません」
上のライセンスが無いと言うカズミの台詞を受けてのエリーの言葉。私の勝手な考えかもですが、トイズ無しライセンス無しの状態でがんばっていたアニメシリーズの自分たちを踏まえての台詞のようにも聞こえます。

カズミの買ったもの
文房具店から出てきたカズミのが持っている紙袋。「名前、考えた?」とアリスに聞いているところから、おそらくラストシーンで出てきたフェザーズのカード用の紙とペンを購入したのではないかと思われます。

「今の人、どこかで!」
アリスが変装した赤怪盗を見てカズミに言った言葉。第1話でも赤怪盗を一目見て「もしかして、怪盗?」と指摘しています。ちょっと天然入ったアリスちゃんは、同じく天然のシャロ並みに直感の働くタイプなんでしょうか。

よこくじょー
疾風の赤き獅子(笑)こと赤怪盗がミルキィホームズに宛てた予告状。ひらがな(笑)なのは、第2幕1話でストーンリバー(笑)が送った漢字の予告状が読めなかった(笑)ミルキィホームズ対策でしょうか(笑)。

プレゼントの箱
「よこくじょー」が入っていた箱には、ミルキィホームズのファンからの贈り物らしきものが。よく見ると、赤、青、緑のお菓子の包みがありますが、黄色が見当たりません。ネロがすでに食べたあとなんだろうと想像してしまいますなw


第2話 感想など

我らがミルキィホームズの本領発揮だ! ダメダメっぽいミルキィを目にしたときのこの安心感はなんだろうw 2年経ってもやっぱりミルキィはとってもミルキィなんですねー。

一生懸命お姉さんな振る舞いをしようとしていろいろアレな雰囲気になっていても、カズミとアリスは心底尊敬しているせいか、むしろ感動しています。いいですね、このつっこみ不在感。まさにミルキィホームズです。

カズミとアリスへの助言も、いい加減なんだか含蓄があるのかわからないところもいかにもですね。まー間違いなくいい加減なだけでしょうがw そのいい加減さが正解につながるのがミルキィの力のひとつでもあります。

その助言から、いよいよ「ミルキィホームズ・フェザーズ」誕生ですね。衣装もしっかり用意して赤怪盗に挑みます。

羽毛布団(?)の中身の羽根が散ったのを見ての「フェザーズ」命名です。古くは「椿三十郎」から「ハートキャッチプリキュア」まで、そのとき目に入ったものを自分の名乗りとして使うネタは多くあります。「フェザー=羽毛」ということから、まだまだひよっこ的なニュアンスも感じますね。

この2話で初めての新解釈トイズバトルが見られました。
敵味方関わらず、今までのトイズ設定と違う、かなり直接的な能力です。この2年の間にトイズ研究が進んでバリエーションが増えたのでしょうか。
メタ的に考えれば、おそらく、ミルキィ4人に代表されるような超能力的なトイズ設定は、ゲーム内ならともかくアニメだと視覚的に表現しにくいので、今回のような新解釈になったのでは、とも思いますが。

ふたりのピンチにカズミのトイズがパワーアップしたことも、ちょっとした謎です。アリスの叫びに反応してのパワーアップにも見えましたし、「フェザーズ」のコンビたる理由のひとつにもなりそうな予感。ていうか、このあたりの表現もプリ○ュアっぽいw


そういえば、カズミちゃんはシオンさんにほれている模様。でもシオンさんってあからさまにカラー・ザ・ファントムのボス、ヴァイオレット・シャドーなんですよねー。
しかも、疾風の赤き獅子(笑)こと赤怪盗との電話のシーンで出てくる子ども二人は、エンディングクレジットからすると「白怪盗」「黒怪盗」。カズミとアリスに対応した色になっているのが気になるところ。(ちなみに、ヴァイオレット=紫ということで、シオン=紫苑なのかな?)

実は今回思いついたのですが、OPでカラー・ザ・ファントムがそろっているカットの右側二人、おじさんとおばさんなんですが、これってもしかしてカズミの両親…?(第1話で父親は残業続き、母親はよくわからない集まりに出かけている、などのカズミの不審な言葉がありましたので)(3話を見て追記:全然違うかったです…)

十津川ちゃんも含め、どうやらカラー・ザ・ファントムたちは、人物も活動内容もカズミとアリスと無関係ではないような…。

この記事へのコメント
遂にここに書き込む日がきた!早速補足させていただきますね!
設定ですが、今までのすべての世界観を引き継いだ続編です。(出典はふたミルの放送前特番)時間軸でいうと、アニメ・ゲームの1の二年後。ゲームの2の一年後。
細かい説明はなく、だんだんわかっていくものかと思われます。
Posted by まさっちゃん★ at 2013年07月23日 01:39
>まさっちゃん★ さま
コメントありがとう!
田舎の哀しい運命のせいで特番は未見なんです(号泣)
やはりハイブリッドな設定なんですねー。アニメもゲームも大好きなんで全肯定な世界観はうれしいですー!
Posted by magurow at 2013年07月24日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◎ふたりはミルキィホームズ第2話「「なる」...
Excerpt: ))アリ:すごかったねミルキーさんカズ:怪盗をあっというまに、全員にげちゃったし))7人も相手だなんて私たちがすごい探偵なら捕まえられてた))聞きにいってみようよ凸カ:許可と...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-04-30 19:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。