2013年08月27日

ふたりはミルキィホームズ第7話「終わりのはじまり」

ふたりはミルキィホームズ 第7話 ネタ解説

アルセーヌ・ルパン?
明神川家の秘密の部屋の中、ちょうどパパの後ろに黒マントの全身像の絵があります。等身大ポスターみたいだNE! モノクルとシルクハットという出で立ちが典型的なアルセーヌ・ルパンの姿です。「美学」を語るアリスパパと「アルセーヌ」という構図ですね。

ヘンゼルとグレーテル
言わずと知れた、グリム兄弟の童話。黄怪盗たちがカズミとアリスをヘンゼルとグレーテルに例えています。ダイヤモンドをパンくずに見立てているのもこのネタから。


第7話 感想など

あいかわらずアリスママ(以下略)

そんな感じで中盤の折り返し点に来て、明神川家のあれやこれやが明確になりましたねー。
「美学」という言葉の受け止め方で、シオン兄さんとパパ達の考え方の違いもはっきりしました。

シオンはシオンなりに、自分的「怪盗」というアイデンティティを主張したい(信じたい?)ということなんでしょうが、カラー・ザ・ファントムの行動がやはりイマイチ小物臭プンプン丸なのがどうも…。ていうかシオン兄さん中二病だなあ(笑)

そして、白黒チビ二人が行動開始です。子供だけに無邪気な悪意が不気味。シオン兄さんちゃんと手綱とっていられるのか? すでに手に負えなくなっているというか、シオンはむしろ蚊帳の外です。「お喜び」なんて言っていますが、白黒黄色の意図はどこに…

わざわざ警察に捕まってまで「合流」させるわけですから、何かの大仕掛があるはずです。でもって警察といえば十津川警子ことピンク怪盗。ていうかいつの間に捕まっていたんだよ青怪盗w

ミルキィホームズ世界は、探偵・怪盗・警察の三つ巴世界です。そう考えると、今のところ唯一警察として行動している十津川ちゃんは、けっこう重要なファクターですね。

それから、ちょっとづつですがフェザーズのふたりの温度差のようなものが見え始めています。才能の差のようなものがあるのでしょうか?
カズミのアローのトイズは単体では使いづらいということもあるでしょうが、それを差し引いてもアリスのバウンドのトイズの攻防自在な使いこなしはプロの探偵級に見えます。

「探偵」の娘であるカズミ、「怪盗」の娘であるアリス。探偵と怪盗とが認め合うミルキィホームズの世界の象徴のようなふたりにハッピーな着地点はあるんでしょうか…ああう。


シオンもとうとうアリスがフェザーズであることに気がついてしまったようです。シオンの次の一手が気になるところ…とか思っていたらまさかのヒメちゃん来るーーーっ? ですっ!

この記事へのコメント
「探偵と怪盗は本来,不倶戴天の天敵」1話でもヴァイオレット・シャドーが「そこにあるのは敵意と憎しみのみ」と宣戦布告してますが,まるでテロリストのセリフですね。
「Alternative」のモラン大佐を連想しました。
伊神貴世さん脚本だからこその連想ですが。
「終わりの始まり」と言うことで,今までに気になった所を
いくつか。

イエロー・ブラックホールを倒した後の「解けない謎」
回想シーンからのアリスのセリフ「大切な人の心」
リュウコ・コマツが怪盗になった理由はもしかして恋人,
フィアンセ?が怪盗だったから?その彼を逮捕したのも,もちろん彼女でしょうね...。ミステリ作家の山口雅也さんも,人の心がもっとも堅固な密室と言ってましたから(完全に私の妄想です)

上の駄文のテロリストと言う言葉繋がりですが,なぜミルキィの四人は,少なくとも視聴者から見た限りではカラー・ザ・ファントムの逮捕に動かないのでしょうか。
なのに6話ではアイコン貴族怪盗ヴィスコンテの予告に
警察と協力して出動しています。
怪盗とは名ばかりの強盗テロリスト集団なんて相手にしてられねぇって感じ?ブログ主様も触れておりますが,単体では使いづらいトイズしか使えないダメダメな怪盗たちにダメダメって言っちゃいけないんですよねー!!!(すみません..)

また6話からの妄想ですが,探偵と怪盗の馴れ合いのほかに「警察と怪盗の馴れ合い」
もあるとしたら十津川が怪盗である理由もそこに?(ミステリでは探偵と警察は天敵ですから)

カズミパパは何らかの理由で探偵を諦めたらしいですが,
カズミ自身,青怪盗の分身のトイズにやられ一時的にトイズを使えなくなりましたが,今後の展開を予想すると,カズミは
何らかの理由で「探偵」としての信念を打ち砕かれるのかも(アリス,シオン関わりでしょうけど)

アリスママは実は元探偵かも?
そう考えると「探偵と怪盗の馴れ合い」と言うテーマが
本当に家族ぐるみになってしまいますね。
ミルキィらしいと言えますけど(笑)

本当に考察ではなく妄想ばかりだなぁ。
失礼いたしました。
Posted by losspass at 2013年08月28日 23:03
連投失礼致します。十津川は「探偵と警察の馴れ合い」の間違いでした。
本当に失礼いたしました。
Posted by losspass at 2013年08月28日 23:38
来週の姫ちゃん登場、めちゃくちゃ楽しみです!

正直ここまでの『ふたミル』はイマイチというか、あまり楽しめていないのですが、過去作品とのリンクは嬉しいです!

早く神津警視や怪盗帝国にも活躍してほしいですww(もちろんミルキィにももっと活躍してほしい)
Posted by ImaG at 2013年08月30日 23:09
> losspass さま
「解けない謎」となるとやはり人の心ですか。なかなかの彗眼ですね!
今現在のストーリーが明神川家中心なのでどうしても「怪盗とは」というテーマに偏りがちですが、当然カズミが疑わず持っているであろう「探偵」に対する信念は大きく揺らがざるをえないはず。
アリスとの友情のも直接関わってくる問題です。…うわー鬱展開はやめてくれようー(ミルキィだから大丈夫なはず)
Posted by magurow at 2013年08月31日 20:48
>>ImaGさま
第2幕までの濃ゆいアレを見せられてたら、まったりなふたミルじゃ仕方ないと言えば仕方ないですかねーw
私個人としては「ミステリパロをもっとくれよ!!」という感じもありますw
姫ちゃんはびっくりしました。カズミが指揮官クラスということで姫ちゃんも不思議ではないですが、やっぱうれしいです。ですっ!(←言わずにいられない)
Posted by magurow at 2013年08月31日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◎ふたりはミルキィホームズ第7話「終わりの...
Excerpt: →ラジオの収録現場進入・紫怪盗・バイオレットシャドウ/明神川シオン声-興津和幸※アイミ、神戸市なんだ。アイミが可愛すぎて、伊藤彩沙がブサイクにみえる→横浜へ※背景は、...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2014-06-27 22:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。