2015年02月08日

TD 第1話「妖精たちは森に隠れる」

TD 第1話 ネタ解説

タイトルネタ元:「子供達は森に隠れる」
コリン・ウイルコックスのヘイスティングス警部シリーズ「子供達は森に隠れる」が元ネタでしょうか? ウイルコックスは未読ですのでウンチクは出ませんです(汗)。ヘイスティングといえばポワロの相棒も思い出しますけど関係ないですね!(せいっぱいのウンチク)

ネロの持つ蜜壺の「伏線」
OPと本編でネロが抱えている蜜壺に書かれてる「伏線」の文字。本来の伏線とは、その伏線が回収された瞬間に「ああ、あれが伏線だったのか」とわかる程度に巧妙に隠されているもの。そんなあからさますぎでアレな伏線もミルキィホームズにかかれば「ま、いっかー」で済まされます。さすがです。

ヨコハマアリィーナ
言わずと知れた「横浜アリーナ」。2014年5月には「ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブin横浜アリーナ」が開催されました。今回の新アニメ「探偵歌劇ミルキィホームズTD」の制作発表があったのもこのライブです。

「大人のジジョーウっ!」
G3の件で小衣ちゃんが叫んだメタいセリフ。ワンクールで新主人公、ミルキィはシスターズですでに6人…。難しいっすよね。でもふたミルの最終回みたいなカメオ的出番だけでもいいのよ?

もじもじくん、クイズダービー
茉莉音の出演したバラエティの元ネタ。全身タイツのものが「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の「もじもじくん」。クイズ番組は「巨泉のクイズダービー」の「一人を除いてみんな同じ答え」ネタ。クイズダービーは、第2幕1話でも「はらたいらに3000点」という平乃さんのセリフで使われていました。(爆発から逃げてるのは「お笑いウルトラクイズ」、うごめく怪しい生物のは「寄生獣」かな?)

サロペット、チューリップハット、ギター
おそらくバナナマンの「赤えんぴつ」という、フォークソングユニットのパロディネタ。サロペット姿なのは「できるかな」の「のっぽさん」かも(色は違うけどのっぽさんもチューリップハットキャラです)。

「この感触…重さ…マネージャーさん!」
茉莉音が頭に感じたボヨヨンから、その持ち主を即座に特定します。第1期最終話でシャロたちがアルセーヌをアンリエットと見破ったきっかけもボヨヨン判定でした。何なんだこの世界の判定基準はw

謝罪で坊主頭
AKB48のあるメンバーのある不祥事で、丸坊主になって謝罪するというインパクトのある事件がありましたねー。一瞬でしたが茉莉音の坊主頭もけっこうビックリでした。

小衣ちゃんセグウェイ
第2幕から登場した小衣セグウェイですが、今回は色が赤になっています。っていうか、茉莉音ちゃんにストーカー気味なのは、小衣ちゃんアイドルにまだ未練があるとかでは…?(追記:あったねーやっぱりw)

「普通の女の子にもどる前に、さよならの向こう側で、微笑みを返すのよ!」
妙な言い回しのマネージャーさんのセリフ。伝説的アイドルユニット「キャンディーズ」の引退宣言「普通の女の子に戻ります!」、そのキャンディーズの最後のシングル「微笑み返し」、同じく伝説的アイドル山口百恵の事実上のラストシングル「さよならの向こう側」、のネタの詰め合わせです。キャンディーズと山口百恵さんの引退ネタは、サマスペ「さようなら小衣ちゃん以下略」でも使われていました。


TD 第1話 感想など

1年半ぶりのミルキィホームズだー!!! いろいろあってリアルタイム視聴が遅れてしまったけど待ってたですー!!
ミルキィも新コスチュームですねー。小衣ちゃん(こころちゃんいうなーっ!)はまだ交通課でしょうか。十津川どのも健在でうれしいです。
ああでもやっぱりG3のおねいさんたちは出番が…怪盗帝国…

新アニメでは天城茉莉音ちゃんがストーリー上の主人公ですね。「エレメント」を実態化させるトイズ持ちです。トイズのバリエーションが広がりますなw
一方「歌声を盗むトイズ」を持つ謎の怪盗。こちらは正体も目的も不明。設定とキャラとストーリーの目標がまとまっているのは、実に「ふたミル」と同じ製作陣ぽい感じです。

しかし! 普通のストーリー進行などミルキィホームズのおねいさんたちがゆるしません!(許せよ)
設定説明のストーリーのそこここに、そこはかとなくカオス成分が匂ってきます。とりあえず最初の犠牲者はカズミちゃんです。冤罪はミルキィホームズの基本能力です。

っていうか、アイドルの裏事情的なネタの数々、いろいろギリギリアウトな感じですが、声優アイドル的なミルキィホームズなのによくやりますよねー(褒め言葉)。

で、エレメントを取り返すための特殊舞台で決戦ですね。イヌカレー空間かと思ったYO! 毎回ここでミルキィホームズの新曲が流れる寸法ですな。
全体的に特撮物っぽいお話の構成です。このフォーマットで毎回いくのですかねー。ああ特撮といえばこれマクー空間かもNE!

そして。
エレメントたちを取り戻す決心をした茉莉音が、ミルキィホームズたちにそのお手伝いを「依頼」します。すげー。ちゃんと探偵ものらしいオチにしちゃったよ。ていうか、茉莉音さん大丈夫ですかその子達ミルキィホームズなんですよ? カズミちゃん獄中ですよ?

さてさて。すごくかっこいいエンディングなんですが、EDイラストがもう意味深です。茉莉音と美樹と、現在は故人であろうもう一人(茉莉音のママ?かな?)…。どう考えてもストーリーの核心ですよねー。
でもって、冒頭の屋上の謎の少女、美樹だよね?
わかりましたー!犯人はあなたですね!(手当たり次第に犯人を指摘するメソッド)


【探偵歌劇ミルキィホームズTD 元ネタ解説と感想の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413736390
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。