2013年09月17日

ふたりはミルキィホームズ第10話「いつでもいっしょ」

ふたりはミルキィホームズ 第10話 ネタ解説

世界を持ち上げる象に
アリスが家の隠し部屋の壁で見ていた新聞の見出し。「象」は「像」の間違いかな? 写真からすると、ロックフェラーセンターにある「世界を支えるアトラス像」ですね。(参考写真

「挑戦状」
カズミからミルキィホームズに送られた挑戦状…ひらがなじゃないだと!?

大探偵博覧会(跡地)
特徴的な「探偵の塔」が見えますが、第2幕のキーワードでもあった「大探偵博覧会」の会場ですね。手前に見えるステージは、ミナミハルコの歌を収録した場所かも。

「THE ADVENTURES OF SHERLOCK HOLMES by A. Conan Doyle」
探偵秘宝館に展示してある本のタイトル。言わずと知れた、サー・アーサー・コナン・ドイル著「シャーロック・ホームズの冒険」の原書です。表紙の絵からすると「ストランド版 シャーロック・ホームズの冒険」ですね。「ストランド誌」はホームズを連載していた雑誌です。


第10話 感想など

カズミの怪盗修行回です。シオン兄さんも公式に厨二病扱いです。カラー・ザ・ファントムとはなんだったのか…慢心、環境の違い。

しかし「偉大な白き堕天使」に「ダークサイド・レボリューション」ですかー。このちびっ子ふたり、最終的に鍵になりそうなのに、厨二っぽい二つ名からはトイズ能力の推測もできませんぬ…。

今週はそれよりも十津川警子こと麗しの破滅の桃()です。この子の二つ名もトイズに関係ない命名ですねー。十津川はアリスを引きこもうと画策していましたが、言葉通りにシオンとアリスのことを思ってのことなのか、それともまだ裏があるのか。

ただ今週のカズミに対する言動を見ていると、先週私が予想した十津川がラスボスはないのかもですねー。もしそうなら、未だ行動原理が謎なちびっ子ふたりがラスボスになりそうな感じです。

で、ミルキィホームズ出動です!
しかし、カズミが特訓してほしいと思っているなどというアホのような誤解です。さすがです、ミルキィホームズ。「挑戦状」が読めるようになったのも伊達じゃないですー!

そして、何かが激しく間違っているのに結局は正解を引き当てる力も健在ですねw
あと、瞳のハイライトが星だったりハートだったりと、在りし日のミルキィホームズ(笑)そのまんまだったのもポイント高いです。

アリスの意思もカズミの迷いも、「ふたりは」という前提のもと。アリスが才能を開花させたのもカズミのトイズとの合体技のお陰です。アリスが家族が怪盗一家であったことを断ち切ろうとし、「いっしょにいられなきゃだめなの」とカズミに言いますが、…答え出てますねw

そもそも「探偵」と「怪盗」は、トイズを中核に対立しているものです。リュウコ・コマツのように安易に怪盗に転向することも当然可能ですしょう。しかし、「探偵」であるか「怪盗」であるかは、トイズ以外の資質の大きく関わってくるようです。というか、トイズだけではないことはゲーム、アニメを通してひとつのテーマになっているところですよね。

アルセーヌがなんで「怪盗」なのか。小林オペラはなんで「探偵」なのか。
ミルキィホームズは農業の才能がある()のになんで「探偵」を目指すのか。

ひとつは、本人の「業」のようなものでしょうか。「トイズ」って特殊能力を持つこと自体、普通では無いことですもんねー。トイズがあると警察になれないという設定もありますし。(リュウコ・コマツはそういう意味では本質的に「怪盗」だったんでしょうね。オペラなら「解けない謎などない!」と豪語しそうですし)

もう一つは、「怪盗」が「探偵」を求め、またはその逆であること。アルセーヌ様の言動や、オペラの推理モードをみれば一目瞭然です。アルセーヌがシャロにこだわっている理由でもあります。ミルキィホームズ世界では、トイズがある限り探偵と怪盗が生まれ続けるわけです。

「怪盗」が「探偵」を育てる、という構図は、今回十津川とカズミの関係でも表現されています。十津川の意図は波の間に間に見えねども、カズミの本意を引き出したのも十津川です。

ふたミルでは表に出てきていませんが、そもそも探偵学院のアンリエット生徒会長が怪盗なわけで。スリーカードたちの動きや、ミルキィホームズたちの行動を見るに、フェザーズのふたりの成長にはアンリエットさんの意思も働いていそう。

振り返ると、ふたミル第1話のアリスの「(怪盗を捕まえまくったら)わたしたちお仕事無くなっちゃうね」という台詞も思い出します。ある意味ミステリの本質をついていてすごく好きな台詞です。

シオン兄さんにとっては単なる「馴れ合い」にしか見えないようですが…、「怪盗」と「探偵」の関係の、なんと因果なことか。


【定期連絡:】今週のアリスママは冒頭ワンカットのみ…(´・ω・`)

2013年09月10日

ふたりはミルキィホームズ第9話「じぶんのちから」

ふたりはミルキィホームズ 第9話 ネタ解説

『観光地とアニメがタイアップ』
アリス父が読んでいる新聞の見出しその1(右側)。最近アニメとその舞台になった地方の町がタイアップして観光効果を出していることも多いですよね。我がミルキィホームズも、もっと横浜とタイアップすればいいじゃん?(上から目線)

『日本熱海「ボウパン賞」連続受賞』
見出しその2(左側)。うちの録画で見ると字が潰れていて見にくいので自信ないですが…(言い訳)。意味不明っぽいフレーズなんですけど、熱海って「棒パン」の店多かったような気もしないでもないです。

「大怪盗時代のアイコンとしては…」
十津川こと「麗しき破滅の桃(笑)」のシオンに向かって言う台詞。「大探偵時代」がミルキィホームズ世界での今の時代の別称となっています。また、アイコン(icon)はこの場合、パソコンのデスクトップ画面のアレではなく、大元の意味の方の「象徴(主に宗教的な意味での)」のことですね。

忘却のトイズ
ついにと言うか、ミルキィホームズのゲームをやった人なら一度は気になっていた「記憶消去」系統のトイズ登場です。十津川ちゃんとは直接関係無いでしょうけれど、シャロのアレはやっぱり…? また、第3話で赤怪盗が口を割らなかった…というのも警察である十津川がやったとも考えられる?

マリンタワー
ミルキィホームズではおなじみ、横浜は山下公園に立つ観光名所。昭和36年開業、全高106m、展望台の高さ94m(参考サイト)。アニメ1期10話でアルセーヌ様に握りつぶされたシーンや第2幕OP最後のほうでミルキィ4人が座っているカットに出てきます。


第9話 感想など

アリスママ怪盗キターーー!!
ああ…でもボンデージじゃない…ちょっと太ってしま(マダム・ビスコンテにより検閲削除)

なんと言いますか、シオン兄さんもダメダメの系譜を継ぐものになってしまいましたねw。
登場時から小物臭プンプンだったカラー・ザ・ファントムですが、やはり烏合の衆レベルか…

しかし、十津川警子こと麗しき破滅の桃()の本気さはヤバメです。「忘却のトイズ」という強力なトイズ持ちのピンクが真のボスというところでしょうか。シオン兄さんは完全にカマセです。

ダメダメシスコン兄さんと怪盗パパの妙に和ましい親子喧嘩から見るに、明神川家の問題自体はそんなにこじれなさそうなんですが、それでも真実を知ったアリスはどう感じているのでしょう。

ミルキィホームズ世界では、「トイズ」という能力を軸に「探偵」と「怪盗」が存在していますが、そのスタンスは紙一重。アニメ第2幕でもさんざん「探偵と怪盗ってなんだろう」と自問自答していますし、本作でもリュウコ・コマツが探偵から怪盗に転身しています。

アリスパパにとっては、トイズの才能を持つ娘がどちらの道を選ぶのかは大した問題ではないと考えているようですが、シオン兄さんはそうではないですね。ましてやアリス自身が「探偵」と「怪盗」の間で悩むことは間違いないでしょう…。


そしてカズミもとうとう「怪盗」に志願してしまいます。自分のトイズを鍛えるためか、アリスへの嫉妬(当てつけ?)なのか、はたまたシオン兄さんへの恋慕の情なのか、その全てか。

カズミに対して先生(けっこうボヨヨン)も「強さじゃなくて真っ直ぐな心を信じること」と言っていました。トイズは力の大小ではなく、自分のトイズを信じてどう使いこなすかが「探偵」であれ「怪盗」であれ、その能力のほんとうの意味での強さ弱さにつながってきます。
シャロやラ・フランスさんなんかも、トイズは弱くても、ちゃんと使いこなしていますもんね。

カズミがそこに気が付かない限り、「探偵」だろうと「怪盗」だろうと、ほんとうに「なりたい自分(by クラリス王女)」にはなれないでしょう。アンリエットさんがいたら、もっと厳しくどやしつけられていたところかも。

カズミはカラー・ザ・ファントムと行動を共にすることになったようですが、そこからどんなことを学ぶのか。またアリスとの関係はどうなるのか。

ミルキィホームズや小衣ちゃんがどう絡んでくるかも含めて、残り3話。ラストスパート開始です。

2013年09月03日

ふたりはミルキィホームズ第8話「姫百合せんぱい」

ふたりはミルキィホームズ 第8話 ネタ解説

エラリー姫百合
ゲーム版ミルキィホームズ2の主人公。ホームズ探偵学院では指揮クラスに属していたが、本来は警察所属。ゲームラストで、自分の見つけるために旅に出ます。元ネタなど詳しくはこちらへどうぞ。ですっ!

「証明へのファクトですか?」
フェザーズ名刺を指摘しながら姫ちゃんが言う台詞。「証明へのファクトです!」ゲーム「2」でのエラリー姫百合の決め台詞です。小林オペラの「これは重要なファクターだ!」にあたる台詞ですね。

マザリンの涙
元ネタはおそらく「シャーロック・ホームズの事件簿」収録の「マザリンの宝石」。ホームズ小説は基本的にワトスン博士の手記という形で書かれていますが、この「マザリンの宝石」は珍しく3人称での視点で書かれています(他には「最後の挨拶」が3人称視点)。ホームズそっくりの蝋人形とホームズが入れ替わって…というネタが、今回のムッシュ・ミラーのミラーリングのトイズに通じてるのかも。


第8話 感想など

姫ちゃんキターーー!!
そして姫ちゃんを取り合うシャロと小衣ちゃん。姫ちゃんをカズミとアリスに取られて泣いているシャロと小衣ちゃん。何これご褒美? 俺もう死ぬの?

今回は内容よりもとにかく、動いてしゃべる姫ちゃんをアニメで見られたことが何よりのハッピーでした。あとアリスママの料理おいしそう(←無理やり感が出てきた)

姫ちゃんをアリスかカズミのふたりの家に泊めてもらうように仕向けたのは、どうやら誰かの差し金のようですが…アンリエット生徒会長?
ミルキィホームズの4人では思いつかないですよね、多分。

ゲームミルキィ2をプレイした人なら熟知していることですが、姫ちゃんのトイズは「インダクション」という他人のトイズを強制発動させ制御を奪う能力。
トイズが使い方や応用で能力以上の力を発揮できる、ということはミルキィホームズシリーズ通しての考え方です。今回姫ちゃんがそのことをカズミとアリスに実践で示したことはふたりにとって大きな意味がありました。さすが指揮クラスの先輩です。

しかし皮肉にもそのせいで、フェザーズふたりのトイズの能力差を際立たせてしまうことに。

カズミ自身もその事実に気がついてしまいましたね。アリスと「ふたりで」フェザーズという無邪気な考えも崩れ始めた様子です。
友人同士の間に生じてしまったお互いの「差」が悩みや嫉妬につながるのもよくある話。カズミの場合、明神川家の真実も控えていて、この気持がどういうところに落ち着くのか。または落ち着かないのか。シリアス進行のふたミル故に大きな波乱に繋がりそうな…

波乱といえば、十津川ちゃんことピンク怪盗。とうとう正体を表しましたが、同時にシオンこと紫怪盗との意図の違いも表明されました。シオンさんリーダーだけど振り回される方に回りそうです。ヘタレ兄貴ちょっとかわいいです。でも一番かわいいのはアリスママ(←無理矢理でも言っておきたい)


…そういや姫ちゃん、「証明へのファクト」は言ってくれたけど「ですっ!」って言ってくれなかったなー…


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。